日本共産党長野県会議員団

控室/長野県長野市南長野幅下692-2長野県議会
直通TEL/026-237-6266  FAX/026-237-6322

活動報告

日本共産党県議団が選挙区定数見直し案を提案

2017.04.20

共産党県議団は、民意をより正確に反映させること、選択肢の確保などを目的として

⑴1票の格差を2.0以内とする

⑵1人区を解消する

⑶飛び地を解消する

ことを前提とした見直し案を提案しました。定数は57(1減)です。

 選挙区定数の見直しは今後、議会の選挙区等調査特別委員会で審議されます。

ぜひ皆さんのご意見をお寄せください。

※詳細はPDFよりご覧いただけます。

号外発行「県条例案ー罰則で子どもを性被害から守れるのでしょうか」

2016.06.21

県は、「子どもを性被害から守るための条例案」を現在開会中の県議会に提出しました。

日本共産党県議団は、子どもを性被害から守る対策が必要であることは言うまでもありませんが、県の条例案にはさまざまな問題があると考えています。

県条例案―罰則で子どもを性被害から守れるのでしょうか

11月定例県議会がはじまりました。

2014.11.27

 本日、11月27日(木)より12月12日(金)までの会期で、11月定例県議会がはじまりました。

 11月定例県議会での日本共産党県議団の本会議一般質問の日程は以下のとおりです。ぜひ多くの皆さんが傍聴にお越しいただきますようお願いします。

みなさんのご意見をお寄せください(県民アンケートご協力のお願い)

2014.10.20

 みなさんのご意見ご要望をお聞きして県政に届けるために、日本共産党長野県議団のアンケートにご協力をお願いします。

 アンケート用紙は以下の方法で配布をしています。

9月定例県議会が始まりました

2014.09.25

 本日、9月25日(木)より10月15日(水)までの会期で、9月定例県議会が始まりました。

 9月定例県議会での日本共産党県議団の本会議代表質問・一般質問の日程は以下のとおりです。ぜひ多くの皆さんが傍聴にお越しいただきますようお願いします。

6月定例県議会が開会しました

2014.06.19

 本日、6月19日より7月4日までの会期で、6月定例県議会が始まりました。

 党議員の本会議一般質問の日程は以下のとおりです。ぜひ、多くの皆さんが傍聴にお越しいただきますようお願いします。なお、質問の時間は議事進行の都合により前後しますので、傍聴を希望される方は、余裕をもって日本共産党県議団控室にお立ち寄りください。


【党議員一般質問開始予定時間】


藤岡義英議員  6月24日(火)午前10時30分頃


和田あき子議員 6月24日(火)午後3時45分頃


石坂ちほ議員  6月27日(金)午後2時00分頃

浅川ダム裁判の今後の予定

2014.05.31

浅川ダム裁判の今後の予定をお知らせします。ぜひ、傍聴にご参加ください。


6月13日(金) 11:00~ 原告本人内山 卓郎氏,原告側証人上野 鉄男氏の証人調べ(長野地方裁判所3階第一法廷)

※誰でも傍聴ができます。原則として途中入退室も可能ですが、傍聴の定員を超えた場合は抽選になることがありますので、できれば開廷の30分前に裁判所1階ロビーにお集まりください。

※午後の証人調べは13:15~17:15の予定です。

※昼食休憩に、ひまわり公園隣の「教育会館」をお借りしていますのでご利用ください。12:30より弁護士の説明もあります。


8月22日(金) 結審(弁論終了)の予定

6月14日(土)緊急!浅川ダムシンポジウム開催

2014.05.20

6月14日(土)午後2時より、檀田地区センターにて「緊急!浅川ダムシンポジウム」を開催いたします。

9月議会が開会しました

2013.09.19

県議会9月定例会が開会しました。10月7日までの予定です。

一般質問の日程は以下の通りです。

高村京子議員...25日(水)11:00頃~

両角友成議員...26日(木)13:15頃~

和田明子議員...27日(金)14:00頃~

※時間は目安です。

6月議会が開会 一般質問の順序が決まりました

2013.06.20

県議会6月定例会が20日、開会しました。会期は7月5日までです。

初日は、一般会計補正予算案など19の議案が提出され、阿部知事から提案説明がありました。

来週からは一般質問が始まります。日本共産党県議団の質問日程は以下の通りです。

藤岡義英議員 6/25(火)13:50~

小林伸陽議員 6/26(水)13:00~

石坂ちほ議員 6/27(木)10:20~

※時間は目安です。

記録集ができました

2013.05.16

2月17日に県議団が主催した「ストップ!格差・貧困 生活支援ネットワーク交流集会」の記録集ができあがりました。

 吉永純・花園大学教授の基調講演「生活保護基準切り下げは何をもたらすか」を資料付で紹介しているほか、長野県行政、パーソナルサポートセンター、反貧困ネット信州からの報告、また県下各地で生活困窮者支援に日夜奮闘されているみなさんからの報告など、盛りだくさんの内容です。

 

 「今日の新たな情勢のなかで最新の全国到達点を学び、交流し合う、現場で活かす、そのことを目的に開催しました。この交流集会が、誰もが人間らしく安心して生きられる、そんな社会づくりのお役にたてられればと思います」(石坂団長主催者挨拶より)

 ご希望の方は県議団(026-237-6266)までご一報ください。

最近の記事

カテゴリー別に見る

月別に見る

過去のデータはこちら