日本共産党長野県会議員団

控室/長野県長野市南長野幅下692-2長野県議会
直通TEL/026-237-6266  FAX/026-237-6322

活動報告

6月県議会を前に知事に申し入れ

2018.06.11

 6月県議会を前に阿部知事に対して申し入れを行いました。

 申し入れでは①福祉医療制度全体の窓口無料化をおこない、子ども医療費についても助成対象年齢を引き上げること、②県立高校の教室へのエアコン設置などの施設整備をおこなうこと、③松枯れ対策の薬剤空中散布の効果を検証すること、④国民健康保険料(税)の均等割から子どもを除くよう市町村と協議すること、⑤オスプレイの横田基地配備撤回を関係都県と協力し申し入れをすること、⑥5月に県北部を中心に発生した地震により被害を受けた家屋、道路、農地等が早急に復旧するよう対処すること、の6点を知事に求めました。

 知事申入書はこちら

2月県議会を前に知事に申し入れ

2018.02.06

 2月県議会を前に阿部知事に対して申し入れを行いました。

 申し入れでは①福祉灯油や学校等の暖房費について必要な予算措置を行うこと、②草津白根山の噴火をうけ、火山観測体制とともに情報伝達体制を拡充すること、③子ども医療費の自己負担額見直しと障がい者等の医療費窓口無料化を検討すること、④国民健康保険の都道府県化に伴い、市町村が講じている保険料負担軽減や独自給付などの対策について継続できるよう対応すること、⑤リニア中央新幹線に関して、大手ゼネコンの談合や工事による土砂崩落などJR東海への不信が払拭されない状態であり、工事の中止を求めること、⑥林業行政において、改めて第三者による総点検を実施し、森林税は凍結すること、⑦民泊法に対応する条例とともに、既存の宿泊施設への支援など観光振興策を充実すること、の7点を知事に求めました。

 知事申入書はこちら

来年度予算要望を行いました

2017.12.18

 日本共産党県議団は党県委員会と共同で、来年度予算と施策に関して、阿部守一知事に対して予算要望を行いました。

 県政史上かつてない不祥事である大北森林組合不正問題の真相究明、特別支援学校の学習環境劣悪化の是正、国民健康保険広域化に際しての県民負担の軽減、高校再編の基本方針の見直し、さらにリニア中央新幹線工事残土処理や工事の影響対策など重点10項目、個別234項目の合計244項目にのぼる要望書を知事に提出。

 小林伸陽県議団長は「県債は1兆7千億円にものぼる過去最高額を数える中、大型事業やIT化教育化、リニア工事等が推進され、今後県民負担が拡大される方針もあり、様々な課題解決が望まれている。地域の切実な思いを県として受け止めていただきたい」と主張しました。

2018年度長野県予算要望書はこちら

11月議会前知事申し入れを行いました

2017.11.17

11月議会前知事申し入れを行ないました。内容は以下の通りです。

9月議会前知事申し入れを行いました

2017.09.15

9月議会前知事申し入れを行ないました。内容は以下の通りです。

6月議会前知事申し入れを行いました

2017.06.12

6月議会前知事申し入れを行ないました。内容は以下の通りです。

オスプレイ飛行 緊急申し入れを行いました

2017.03.16

オスプレイの長野県上空飛来に対し、県に緊急申入れ(3月16日)

日本共産党県議団は、米海兵隊のMV-22オスプレイが長野県上空に飛来している件で、長野県に対し緊急の申し入れを行いました。オスプレイは3月9日以降、東北信上空を数回にわたり飛行し、15日には長野市の県庁上空も飛行。

密集地を飛ばないと言いながら、人口密集地の県庁の上を飛行したことに県民の怒りの声が寄せられていることを述べ
①国に抗議し、今後の飛行の中止を求めること
②オスプレイの国内からの撤退を求めること
を要請しました。申入れには野池明登危機管理部長が対応をしました。

2月議会前知事申し入れを行いました

2017.02.06

11月議会前知事申し入れを行いました

2016.11.16

9月議会前知事申し入れを行ないました。内容は以下の通りです。

9月議会前知事申し入れを行いました

2016.09.14

9月議会前知事申し入れを行ないました。内容は以下の通りです。

6月議会前知事申し入れを行いました

2016.06.01

6月議会を前に阿部知事に以下の通り申し入れを行いました。

震災支援について議長に申し入れました

2016.04.21

熊本、大分を中心にした地震でお亡くなりになられた方々に哀悼の意を表するとともに、被災された皆様にお見舞い申し上げます。

日本共産党県議団は21日、長野県議会として支援活動を行うよう向山公人議長に申し入れを行いました。

県に対して介護保険の改善を求める要請・懇談会を開催しました

2016.02.13

日本共産党長野県議団は13日、介護保険の改善を求めて県担当課との要請・懇談会を開催しました。
県から介護支援課長ら3名、会場には介護事業者や関係団体など60名の参加がありました。

会場から発言.JPG

2月議会前知事申し入れを行いました

2016.02.04

2月議会(2月17日~3月16日)を前に、阿部知事に対して以下の通り申し入れを行いました。

知事に対し来年度予算要望を行いました

2015.12.11

 日本共産党県議団と党県委員会は12月11日、阿部守一知事に来年度予算と施策に対して申し入れました。

 要望書は、介護報酬を引き下げ前に戻す、福祉医療費の窓口無料、TPP交渉からの撤退、国民健康保険の県民負担を増やさない、リニア中央新幹線建設で県民の利益を守る対応、大北森林組合補助金不正受給問題の真相解明、抜本的な観光振興策、子どもを性被害から守る取り組みなど重点12項目、個別211項目。各県議が重点項目について触れ、県民の立場で予算編成、施策の推進に臨むよう求めました。阿部知事は、介護や子どもの貧困問題について「しっかり対応したい」と述べました。

県教育委員会に申し入れを行いました

2015.11.25

 日本共産党県議団は25日、教育環境の改善について県教育委員会に申し入れを行いました。

伊藤学司教育長はじめ、担当課長らが応対しました。

11月議会前知事申し入れを行いました

2015.11.13

11月議会(11月26日~12月11日)を前に、阿部知事に対して申し入れを行いました。

申し入れ内容は以下の通りです。


選挙制度改革について議長に申入れました

2015.09.24

 日本共産党長野県議団は24日、長野県議会議員選挙の選挙制度改革について、以下の通り発表し、西沢正隆議長及び小島康晴副議長に申し入れました。

9月議会前知事申し入れを行いました

2015.09.15

9月議会(9月24日~10月9日)を前に、阿部知事に対して申し入れを行いました。

申し入れ内容は以下の通りです。

リニア中央新幹線に関する提言を発表しました

2015.07.24

 日本共産党長野県議団は7月24日、「リニア中央新幹線 長野県は地元自治体、県民の立場で対応を」とする提言を発表、県に申し入れを行いました。

県庁会見場にてリニア提言を公表.JPG

生健会が県に申し入れ

2015.07.16

長野県生活と健康を守る会連合会の皆さんが、県に申し入れを行いました。

6月議会前知事申し入れを行いました

2015.06.08

6月25日から開かれる6月県議会を前に、阿部知事に対して申し入れを行いました。

申し入れ内容は以下の通りです。

米戦闘機の飛行について申し入れを行いました

2015.05.19

 佐久地域や飯山市地域などで飛行する米戦闘機の騒音問題について19日、外務省・防衛省に対し、申し入れを行いました。

 参加した藤岡義英県議のレポートを紹介します。

リニア中央新幹線について国交省へ要望

2015.02.10

リニア中央新幹線の建設工事に関して10日、地元住民の不安にこたえる対応をとるよう国土交通省に要望しました。日本共産党長野県委員会、地元町村議員も参加。井上哲士参院議員、藤野保史、本村伸子両衆院議員が同席しました。

2月議会前知事申し入れを行いました

2015.02.02

2月18日から開かれる2月県議会を前に、知事に対して申し入れを行いました。

申し入れ内容は以下の通りです。

神城断層地震の災害対策について申し入れ

2015.01.21

11月22日に発生した神城断層地震の災害対策について、日本共産党県議団は以下の通り、県に申し入れを行いました。原山企画振興部長、奥村建設部長が応対しました。

11月25日、知事に対して予算要望を行いました

2014.11.27

 日本共産党県議団は、日本共産党県委員会と共同で、11月25日、阿部知事に対して2015年度の予算要望を行いました。

 冒頭、県北部で発生した「神城(かみしろ)断層地震」について緊急要望書を提出。県委員会の山口のりひさ書記長が、「地震の翌23日に現地に入ってつかんだ、切実な実態と住民の声をふまえたもの」として、4項目の要望を行いました。

 知事は、「避難所の環境を良くする手立てをとり、旅館やホテルの活用も考える」など、市町村と連携を取って支援を進める旨答えました。

 来年度予算について、重点12項目、個別199項目を要望しました。

 石坂ちほ県議団長は、環境と生活の破壊が明らかで県民の不安が増しているリニア中央新幹線について建設の認可撤回を国に求めること、市町村がJR東海に求めている協定書締結や補償について県が間にたって責任をもって進めることなど、「県民の切実な願いを最優先する予算編成を」と求めました。

 予算要望の重点項目は以下のとおりです。

9月議会前知事申し入れをおこないました

2014.09.09

 共産党県議団は、9月25日から開かれる9月定例県議会を前に、知事に対して申し入れをおこないました。

 まず冒頭、石坂議員が知事に対し、「議会対策重視のあまり、県民の声がおろそかにならないよう」強く求めました。

 次に、最近の豪雨災害対策の問題として、県全域が国土交通省の新レーダー「エックスレイン」の配置外になっている点について両角議員が改善を求め、県は引き続き国に改善を要望していくことを約束しました。

 子ども・障害者の医療費窓口無料化問題では、県の対応が他県と比較して遅れているとの藤岡議員の指摘に対し、知事は市町村が独自におこなっている中高生の医療費無料の施策に言及し、「私の認識は違う。県の施策は他県と比べて進んでいる」「(窓口無料化は)知事が決められることではない」と、これまでの主張を繰り返しました。石坂議員は、「県の支援が前進すれば、これまで実施できなかった市町村もできるようになる」と、知事に決断を迫りました。

 小林議員はリニア中央新幹線について、JR東海が関係自治体への説明や環境保全協定を結ぶことに非常に消極的であることを踏まえ、国とJR東海に関係地域住民の合意のない計画は見直すよう県が求めていくことを要望しました。小林議員は「民間企業がやることに対して知事が本部長になって推進する」姿勢を質しましたが、知事はリニア中央新幹線を「県の発展に結び付けていかなければならない」と応えました。

 子どもの性被害防止に特化した条例制定については、和田議員が長野県が全国で唯一、条例に頼らず県民運動で青少年保護育成をしてきたことを踏まえて、広く県民の意見を聞き、慎重に行うよう求めましたが、知事は「条例制定ありきではない」と述べつつも、条例制定の必要性を強調しました。

 さらに、総合教育会議については、高村議員が教育の中立性が損なわれる危惧があることを指摘して、性急な設置をしないよう求めましたが、知事は、「教育委員会の皆さんと一緒に考えていく」と述べ、知事が教育行政に関与することを当然視する見解を示しました。

 申し入れ書の全文は以下のとおりです。

生健会が生活保護などについて長野県に申し入れ

2014.07.07

 長野県生活と健康を守る会連合会(県生連)のみなさんが、生活保護、猛暑日対策などについて、長野県に対し要望を申し入れしました。申し入れには県からは眞鍋健康福祉部長、小口地域福祉課長らが応対をし、県議団からも石坂ちほ議員が同席をしました。

 申し入れ内容としては、福祉事務所での相談者に対する窓口対応の改善や、実態にあっていない国の生活保護基準を見直すよう県として国に要望をすること、仕事や通院のための車の保有条件を緩和すること、猛暑対策として夏季見舞金の支給やクーラー設置・修繕費用の支給を求めるなど切実な要求ばかりです。

6月議会前知事申し入れをおこないました

2014.06.03

 6月19日から開かれる6月県議会を前に、知事に対して申し入れをおこないました。

 申し入れ内容は以下のとおりです。

子ども・障がい者等の医療費窓口無料化を求める署名を阿部知事に提出

2014.05.22

 福祉医療給付制度の改善をすすめる会(和田浩会長。以下「すすめる会」)は20日、阿部守一県知事に対し福祉医療(子どもや障がい者など対象)の窓口無料化を求める要請署名約7万4000人分を提出し、懇談しました。藤岡義英県議も同席し、「(窓口無料化を)決断すべき」と発言。「すすめる会」とは別に集めた党独自の署名を知事に手渡しました。

浅川ダム建設中止を求める五団体会議が県に申し入れ

2014.04.10

浅川ダム建設中止を求める五団体会議は4月10日、阿部知事に対し「ダム工事を中止し、安全性について再検証を求める」とする申し入れを行い、宮原河川課長が応対しました。
五団体はこれまでも、ダム軸を横切る活断層の存在や建設地盤の脆弱さを指摘して、ダムを造るべきではないと繰り返し訴えてきました。県はこれ等の指摘に対し、ダム建設に支障はないと主張してきましたが、2月議会では安全性を保つためなどによる請負契約変更により、12億7千万円余の予算の増額が必要になった事を公表しました。

大雪による農業被害対策について農水省へ要望

2014.03.27

2月の大雪で被害を受けた農家への支援策について、井上さとし参議院議員とともに農水省担当者からの説明を受け、農業関係者の要望を届けました。

雪の重みで倒壊した農業用ハウスの撤去・修繕・再建については、国・県・市町村で補助されますが、算定額の基準が実際にかかる経費と大きくかけ離れていることなどの不安が、農家の方から寄せられていました。

農水省の担当者からは「農業を継続できるよう柔軟な対応をしていく」との回答でした。

雪害対策を申し入れ

2014.02.18

14日からの大雪による雪害対策について、日本共産党県議団は以下のとおり申し入れを行ないました。

2月議会前知事申し入れ

2014.01.29

2014年1月29日

長野県知事 阿部 守一様

日本共産党県議団 団長 

石坂千穂

2月議会に対する申し入れ

2014年度予算要望

2013.11.25

日本共産党県議団と日本共産党長野県委員会は25日、来年度予算要望を阿部知事に対して行ないました。

11月議会前知事申し入れを行ないました

2013.11.06

2013年11月6日

長野県知事 阿部 守一様

日本共産党県議団 団長 石坂千穂

11月議会に対する申し入れ

9月議会前知事申し入れを行いました

2013.09.03

2013年9月3日

9月県議会に対する申し入れ

1、県立4年制大学の基本構想の内容を、長野県の人材育成の現状や歴史的経過を踏まえて、県として県民が共通認識を持てるよう、積極的に発信してください。

(石坂議員発言:4年制の受け皿が少な過ぎる長野県の事実実態を分かってもらえば、もめる事は無い。長い検討を経て到達した構想を積極的に発信してほしい)

生活困窮者支援、BSE全頭検査などで懇談、申し入れ

2013.06.19

19日午前、反貧困ネット信州のみなさんが労働雇用課、地域福祉課と懇談し、日本共産党県議団も同席しました。現在県が行っているパーソナルサポート事業や絆再生事業の継続・充実を求めました。

県生健会が生活保護などについて申し入れ

2013.06.17

長野県生活と健康を守る会のみなさんが生活保護、熱中症対策などについて要望し、眞鍋健康福祉部長が応対しました。日本共産党県議団も同席しました。

6月議会前知事申し入れ

2013.06.03

長野県知事 阿部 守一様

日本共産党県議団 団長 

石坂 千穂

6月県議会に対する申入れ

厚生労働省へ交渉・レクチャー

2013.05.10

510日、老人保健施設の医師配置、生活保護の2点について、井上哲士参議院議員も同席し、厚生労働省へレクチャーを受け交渉を行いました。

2月議会前知事申し入れ

2013.01.29

2013年1月29日

長野県知事阿部 守一様

日本共産党県議団 団長 

石坂 千穂

2月県議会に対する申入れ

新年度(2013年度)予算要望

2012.11.26

日本共産党県委員会と日本共産党県議団は26日、阿部知事に対し、来年度の予算要望を行いました。

最近の記事

カテゴリー別に見る

月別に見る

過去のデータはこちら